7月29日 高校生のみなさんが会社見学に来てくれました!


7月29日、福祉を学ぶ高校生のみなさんと、稲垣暁さんが会社見学に来てくれました!
稲垣さんは、現在は沖縄国際大学で非常勤講師をしており、社会福祉や防災について研究されています。
私が沖縄国際大学の学生だったときからお世話になっている縁で、今回福祉を学ぶ高校生のみなさんも一緒に見学に来ていただくこととなりました。
また、今回見学に来ていただいたみなさんは国際協力も学んでいるということで、国際協力協会の方も一緒にお越しいただきました。

見学に来た高校生は10人余り。

私が使っているパソコンの画面を見せると、
「パソコンの画面は、黒に白い文字のほうが見やすいんですか?」
「はい。弱視は、人によっても見え方が違うのですが、私はこのほうが見やすいです」

読み上げソフトでしゃべっているのを聞かせると、
「これ、速いけど何言ってるか聞き取れるんですか?」
「慣れれば聞き取れます!」

会社のPR動画を見せると、
「記事作成や手芸って、視覚障害があってもできるんですか?」
「練習して、できるようになりました」

とても勉強熱心で好奇心旺盛な学生さん達で、気になったことはどんどん質問してくれました。

また、他の会社メンバーとも打ち解けて、障害を持っていることで得られた人生観や仕事に対する思いにも熱心に耳を傾けていました。

 

今回の会社見学を通して、私も新たな発見がたくさんできました。

高校生のみなさん、稲垣さん、国際協力協会のみなさん、今回はお越しいただきありがとうございました!

 

文 安慶名萌子