【7/12】初海外でサハラマラソンを完走した池間さんの講義


7/12に初海外でサハラマラソン2014を沖縄でたった一人完走した池間さんに
当事業所でお話をしていただきました。

写真 1

サハラマラソンとは?

モロッコにあるサハラ砂漠を
7日間自給自足で250km走るという
世界一過酷なマラソンと言われています。

日中の温度は50度という灼熱に対し、
夜の温度は0度まで下がるといわれています。

その気温差50度!?

もはや想像もつきません。

sahara3

sahara4

sahara5

sahara

sahara2

チャレンジする費用も準備金含め100万円近くかかるそうです。

なぜ、そのような命の危険を伴うマラソンにわざわざ100万円もの
大金を注ぎ込みひとりでチャレンジしたのか?

どうして成し遂げることができたのか?

達成して見えてきたものは何なのか?

そこには、リスクを考えず思い切ってチャレンジすることで
得られるものの大きさがありました。

池間さんは毎週40km、ときには100kmジョギングするそうです。
1回40km歩くというだけで、現代人にとってはとてもきついことです。
しかしながら、それを習慣化すると当たり前になってしまう
習慣の力の素晴らしさも教えていただきました。

写真 2

写真 3

一番の得たものは世界観が広がるということでした。

世界に行ったこと、サハラを走ったことで、
今までの常識の枠が外れ

小さな世界で生きていたことが
大きな世界に変わったとのことでした。

今回、従業員にこの話を聞いてほしかったのは
思い切ってチャレンジすることの素晴らしさや
自分の悩みが世界からしたら、ほんの小さなことかもしれないことや
見えないものに向かっていくワクワク感を
少しでも感じていただけたらと思いました。

一番ききたかったのは私かもしれませんがね(笑)

それではまた!

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です