視覚障害を持つ圭さんの冒険!!勇気と情熱に拍手です!!


 

タイトル  視覚障害を持つ圭さんの冒険!!勇気と情熱に拍手です!!

 

視覚障害を持つ石原圭さんの体験談です。同じ会社で働く仲間として勇気と希望を与えてくれました。

みなさんに今よりももっと自信を持ってほしいと思い昨日自分がチャレンジ(体験)した冒険の話をします。

まず始めに私は糸満市に住んでいます、会社(メジャーサポート)にはバスとモノレールの乗り換えで毎日通っています。

私は視覚障碍者で視力が右目が「0.05」しかなく左目は光を感じるだけで左目はなにも見えていません。しかも見えている右目でも夜(暗く)なると近くの道でも全く歩けません。

しかし、昨日仕事帰りにいつものようにモノレールに乗って小禄ジャスコに久しぶりに買い物に行きました。買い物を終えたそのあと、いつものように「バス」に乗って帰ろうかなと思いましたが、ここから自分の家までとっても遠いけど、「歩いてみよう、歩いて家まで帰ることが出来たら自分の中でなにかが変わるんじゃないかな?」という思いが出てきて歩きました⁉

 

7時になると暗くなって見えなく(歩けなく)なるので”7時までに家につかなければバスに乗って帰る”と決めて歩いたり全力で走ったりしました。
目が悪いこともあり、歩いているときに何度もつまずきました、距離感が一瞬わからなくなって道の真ん中に全 く気付かないで間違えて立っていたりもしました。(知らない人が声をかけてきて手助けしてくれてなんとか助かりました)

 

方向も間違えて目的地と違う法にも行きました(゚Д゚;)知らない人にもけっこうぶつかりました!

歩いている最中時間通りに間に合うか不安で諦めてバスに乗り換えようともしました、

しかし、歩き続けてようやく目標時間(夕方の7時)以内に自宅にゴール出来ました(*^-^*)本当に疲れました、携帯の歩数計を見たら2万歩も歩いていました⁉歩いた距離も気が付かないうちに15キロ以上も歩いていました^_^)v
視覚障碍者の自分にはこんな距離歩くなんて絶対に出来ないと思っていました、でも、この目標を達成した時(ゴールした時)”障害があっても出来ないことはない” というとても大きな自信が持てました

私がみなさんにお伝えしたかったのは障害があっても「自分に不可能はない」という自信をもってあきらめずに前向きに何事にもチャレンジしてほしいと思い、今日ここに書き込みました。
この書き込みがなにかとみなさんのお役に立てれば幸いです。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です