病み上がりにも関わらずてだこウォーク42キロに挑戦!!己の限界に挑戦した従業員!!


メジャーサポートサービスの従業員で一緒に働く仲間である青木隆之さんの素晴らしい体験談です。

 

僕は今まで、色んなことに挑戦してきては失敗してきました。本当に無責任なやつです。でも、新たな道に積極的に挑戦して自分の可能性を見出してみたい。それは決してあきらめることなく自分自身との戦いです。

ここに入る前、僕はインフルエンザでぶっ倒れました。その後何とか回復し、浦添のてだこウォークの42キロコースに参加しました。

病み上がり間もないの自分にとって、非常に無謀な挑戦でした。

途中で投げ出してリタイアしようと、うざいくらい考えました。でも、歩いていくうちに「俺って、案外いけるんじゃね?」って感じで歩き出し、自然と足が進んでいきました。
えっ?

制限時間の17時までにゴールですか?

そんなの余裕に超過ですわ(笑)

でもね、自分は病み上がりだからって途中で投げ出すことなく無事にゴールできたのだから、時間にこだわらなければゴールできたんだと感じながらも、無事に42キロ歩ききったんだという「精神力」があるんだなぁって。
俺は42キロ歩ききったんだという達成感とその喜び、今でも僕の財産の一つですし今の自分の底力なんだと感じています。
「俺は病み上がり」だって甘えは、決して通用しないのだから。実際参加して甘えてばかりだってことを痛感させられましたし、ほんとの意味での自分を恥じながら反省させられましたけどね。
てだこウォークの参加は、決して無駄ではなかったですし自分の為にもなったことだと、今でも思いますね。ほんとに有意義な大会でした。
甘えとの決別をする事が出来たので、総ての意味で収穫となりました。

それが今の自分のターニングポイントの一つになったなと、正直感じましたね。

あっ、最後は自分のことで〆てすみません

余談
てだこウォーク参加は、MSS入社前の出来事です。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です