勇気を振り絞り泥んこレースに挑戦!!自らも危機に陥りながら仲間の為全力疾走!!自らの限界を打ち破りながら仲間を助け思いやる心を学ぶ!!ある青年の感動秘話!!


会社の一員で金城秋介さんの感動する泥んこレースの体験談です!!

泥んこレースのメンバーの一員として感想を述べさせてください。

とても大変で充実した一日でした!
メンバーの輝さんと宮城さんで前日から士気を高め、いざレースに臨みました。

最初は不安でした。全く運動してない自分が10キロも走れるのだろうかと。

でも宮城さん輝さんに元気づけられスタート出来ました。森の中を駆け出しました。すると待ち構えていたのは想像以上の沼地でした。

半端のない粘っこさと深さ、進むのに苦労しました。行く手を阻む障害物、アップダウンの激しいコースにも手を焼きました。最初は順調だった僕もみんなも次第に疲れが出始め、ペースダウンという形になりました。

でも輝さんに励まされ、体感距離20キロ、3時間の時間を費やして、やっとみんなでゴールできました!

しかし、最悪の事態が起きてしまいました。宮城さんが倒れました。熱中症と脱水と低血糖です。

病院に運ばれ、事なきを得ました。

レースの途中から無理しているのは目に見えていました。でも宮城さんは倒れるまで、限界の限界まで自分に鞭打って走りぬきました!

そのメンタルの強さ、とても励みになりました。宮城さんから、人の持つ力、可能性を学びました!「限界を超える」。

僕はまだまともに味わったことがありません。

宮城さんのおかげで僕も限界を超える挑戦をする勇気が出てきました。宮城さんとは違う形になるかもしれないけれど、いずれ挑戦したいと思っています。輝さんからは、このレースで人を気遣い思いやる精神を学びました。

最後まで僕と宮城さんを励まし引っ張ってくれました。このレース以外の場所でもこの二人から色々力をもらいました。そして最後にこの貴重な体験と経験をするキッカケを下さった社長と輝さんに感謝です。

それにしてもやっぱり体を動かすのは気持ちがいいです!心が晴れ晴れします!個人的には後半のオフロードコースのような泥水たまりが楽しくてしょうがなかったです!

プールで遊んでるような感じでした!唯一の救いでしたね。笑

長ったらしく堅苦しい文章で申し訳ないです。

 

 

 

 

 

2015042507503020150425072934

 

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です