寺田社長、サハラマラソン完走! 2


今から1カ月以上前の話になりますが、メジャーサポートサービスの寺田清隆社長が、世界一過酷と言われるサハラマラソンを完走しました。

★壮行会

寺田社長は、今年3月末に開かれた壮行会で、サハラマラソンに出ることになった経緯や、意気込みを話していました。

社員一同からは、応援の気持ちを込めてメッセージ入りTシャツをプレゼントしました。

IMG_1382

意外なことに、社長はもともとマラソンは好きではなかったそうです。

にもかかわらず、ある日サハラマラソンを完走した方と知り合い、自分でもよく分からないうちに申し込んでしまっていたのだとか………。

社長は、合間合間に社員の笑いをとりながら、
「今までほとんどマラソンの経験がない人が世界一過酷なサハラマラソン完走を目標にしたことで
他の大会への出場は通過点となったわけです。みなさんも、自分の限界を決めないでください
というメッセージを伝え、4月5日にサハラに向かって旅立っていきました。

そして、4月20日、移動時間を含め15日間(うち7日間はサハラマラソン)の旅から無事に帰ってきました。

私達は、さすがの社長もヘトヘトになっていることだろうと思っていました。

が、2週間ぶりに会社にやってきた社長は、筋肉痛もなく
怪我といえば足にマメが一つできただけでとてもお元気そうでした。

サハラ砂漠を250km走ったはずなのに!Σ(・□・;)

★報告会

帰国後の報告会を聞くと、その理由がわかりました。

パリで予想外の出費に泣き、

マラソンがスタートする前から砂漠の砂嵐と戦いながら寝泊まりし、

新婚旅行でサハラマラソンに来ているという夫婦と出会い………。

実際にサハラマラソンのスタートを切る前の時点で衝撃的な経験をたくさんしていたんですね。

これだけいろいろなことがあれば、筋肉痛になる暇もないのかもしれません。

というのは冗談で
疲れ対策や怪我対策をしっかり行っていたから最小限度のダメージで済んだということが分かりました。

寺田社長は、最後に、「なぜ、自分はサハラマラソン完走という目標を果たせたのか」ということを話し
社員それぞれの目標達成に活かしてほしいというメッセージを伝えました。

それをまとめて、この記事を締めたいと思います。

IMG_1512 (1)

★寺田社長は、どのようにしてサハラマラソン完走を果たしたか

1.目的を明確にした
→サハラマラソン完走。それによって、社員や自分の周りの人に希望を与えたい。

2.苦しくなったときに、苦しさから抜け出す方法を考えて実行した
→歩くのが苦痛になってきたら、前の人の影を踏むゲームをした

3.リスクを一つ一つ上げて、それに対処する方法を考えて実行した

→砂が入らないように砂避けを靴の中に縫い付けたり、足の負担を減らすためにスティックで体を支えたり
日焼け対策に全身を覆ったりした。おかげで怪我はマメ一つで済んだ。

4.「できる人ならどうするだろう?」と考えた

→サハラマラソンを完走する人ならどんな行動をとるかを考え、対策を立てる。
これは、3に書いた対策にもつながる。

★オマケ サハラマラソン豆知識

サハラマラソンでは、選手の列の最後尾にラクダが居て、このラクダに抜かれると失格となります。

来年、出場を考えている方は、この点に気を付けてください!

文 あげなもえこ


コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “寺田社長、サハラマラソン完走!

  • 花原 りえ

    萌子さん、素晴らしいホームページありがとうございました。
    なんか、私、読んで辛くなってきました。
    というのは、しばらく会社を体調不良でお休みしていたのですが・・・。
    頑張っていらっしゃる社長やメンバーに申し訳ない気持ちになりました。
    今日から、出社していますが、本当にスタッフやメンバーの方に感謝でいっぱいです。
    こんな素晴らしい会社に私のような者でも、受け入れてくださるのなら・・・、
    今の自分の目標、言っていいですか?
    「データ入力、完璧にやってやるぞ~!」ありがとうございました。

    • majorss 投稿者

      花原 りえさんへ

      コメントありがとうございます。
      サハラマラソン完走はすばらしいことですが、
      社長は社長なので、申し訳がらずに花原さんのペースでやっていけばいいと思います(*^◯^*)
      私もそうしてます。
      生意気言ってすみません。
      データ入力、息抜きしつつ頑張ってください!

      あげなもえこ