雇用・就労支援フォーラムに、MSS社員が参加しました


10月8日に浦添市のてだこホールで開かれた就労支援フォーラムに、メジャーサポートサービスのまぶさんが参加しました。

このフォーラムは、地域で働く障害者を支援する立場にある人の報告会ということで、私達と同じビルのサンクスラボさんをはじめ、いろいろな企業の社長さんが集まっていました。

その中でまぶさんは、会社で働いている当事者という「イレギュラー」な立場で参加しました。
聞くだけでとても緊張しそうです!

発表内容は、MSSのことについてと、まぶさん自身のことについて。

会社については、MSSの組織図は縦ではなく横であることや、仕事の内容・強みなどを話し、
まぶさん自身については「当事者としての視点」と、「弱点」について話しました。

発表では、機材の設定ミスや連係ミスといったハプニングもありました。
例えば、ICT支援がマイクを通して行われることに気付かず地声で話そうとしてしまったり、
スライドやメモの場所を忘れてしまったり…。

「失敗は想定内」と言う気持ちで臨んでいても、想定外のトラブルが多発してしまいました。

それでもまぶさんは、最後まで発表をやり遂げ、成功させることができました。
きっと、業務にも熱心に取り組んでいるまぶさんのことなので、発表するにあたって念入りに準備をしていたんだと思います。

私も、大学生のときに外部の方も交えた場で意見を話す機会をいただいたことがありました。
とても緊張するし、自分の発言がどう思われてるか気になってしまいますが、
話したり聞いたりすることでいろいろな立場の人とつながれるし、こういった機会はとても大事だと思います。

これからも、MSSの社員が外部のイベントに参加したときは、どんどんこちらにも載せていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!

文 あげな もえこ

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です