新入社員のセキララ告白「入社後の心境」~嘉手納事業所


最近続々と新人のメンバーが増えてきていますが、どのような心境でいるのでしょうか。

新人のYさんにインタビューしてみました。

 

 

●日報について

 

「朝10時に出勤して今日の「良かった事」や「悪かった事」を書いて、仕事に取り掛かります」

 

これは日報と呼ばれるものです。

客観的に自分の状況が確認できるので、繰り返し行うことで、自分の傾向が分かってきますね。

 

 

●業務について

 

「記事にも色々あり、不動産関係の記事や医療関係や福祉関係もあります。

僕が最初に書いた記事は、福祉関係の保育士でした。

体験で訪れたときは、文章の『は』や『わ』の使い方に苦戦しました。

いざ書いてみると記事の内容がごちゃごちゃしていましたが、

今では少し記事の書き方が分かってきました」

 

たしかに、文章に慣れているとは言えない状態で入社してきたYさん。

「実は、~なんです」といった文章が、

「実話、~なんです」といった変換が見られましたが、

記事を書き進めるうちに腕を上げています。

 

 

●入社してよかったと思うこと

 

「最初の頃は、『文章書くことは難しそうだなー』といった思いや、

『1200文字も書けるかなー』という不安な気持ちでいっぱいでしたが、

職員の方々が丁寧に、そして分かりやすく教えてくれたおかげで、

文章力のレベルをあげることができました!」

 

真剣に記事制作に臨む姿は神々しいものがあります。

着実に実力をつけ、自信につながっていったのでしょうね。

 

 

●これから入社を検討されている方に一言

 

「文章を書く事が好き、あるいは、自分のスキルアップをしたいとお考えの貴方‼
是非見学でもいいから、来てください。\(^o^)/」

 

素晴らしい先輩として活躍することを願っています(^^♪