しなやかな心でチャレンジしてみよう


業務に限らず、生活の中には新たにチャレンジしていく場面もあります。

少なからず、新たな挑戦をする前に人は、失敗を恐れる傾向にあります。

これは年をとるごとにその思いが強くなるようです。

これは「しなやかな心」の対極にある「硬直した心」と言っていいと思います。

 

「硬直した心」とはどのようなものでしょうか。

「人に迷惑をかけたくない」、

「失敗をしたくない」といったものです。

 

しかし、

まったく人に迷惑をかけないで済む人もいませんし、

100%失敗をしないという人もいません。

 

であるならば、「失敗したときどうするか」、

次の手を考えておかねばなりません。

 

硬直していると、

一つの失敗でポキッと折れて再生までに時間がかかりますが、

柳の枝のようにしなやかであれば、再生まで時間はかかりません。

 

その柳の枝のようなしなやかな心のことを、「レジリエンス」と言います。

 

レジリエンスとは、

困難から早く立ち直る能力、強靭性を言い、

よりよく生きるためのポジティブ心理学に通じます。

ストレス・逆境を受けて意欲を落としても、

すぐに回復する能力のことを言います。

 

では、チャレンジしたけど、

うまくいかなかったことをどう分析することが必要でしょうか?

 

・人間の能力は学習や経験によって伸ばすことができる。

・批判から真摯に学ぶ姿勢を持つ。

・他人の成功から学びや気づきを得ることができる。

 

これらを意識的に行うことにより、

結果的により高い成果を得ることができるようになります。

 

新しい季節にチャレンジすることを見つけて、

失敗を恐れずに挑戦してみてはいかがでしょうか。