リモートワーク――企業の取り組み


コロナ禍で促進されたリモートワークですが、

この時代に「新入社員」となった方は「すごい時代の新人」といえると思います。

企業文化がリモートワークが進むことで変容していくなかで、

新たな働き方を通して仕事を覚えていくことになります。

その意味では、これまでの新人とは違う大変さがあると思います。

 

とりわけ、難しいとされるのが、

「オンボーディング」の部分だと言われています。

オンボーディングとは、

新人が企業文化や組織にいち早くなじんでもらうために、

様々な知識や技術などを提供しながらサポートを行うプロセスのことを言います。

リモートを通じて行うことは非常に難しいという認識が必要です。

 

リモートワークでも業務は問題なく回るのですが、

雑談であったり、ちょっとした相談であったり、

ある種の人間関係を作るプロセスについては、

リアルと比べてうまく回りにくく、

心的負荷が高まってしまう部分があるようです。

 

NPO法人フローレンスの代表理事・駒崎さんは、

「オンボーディング施策には気を使った」と述べています。

たとえば、一対一で新人と話をする場を設け、

ミーティングの際には、

初めの5分間を雑談の時間にしているとのことです。

新人の緊張がほぐれて話をしやすい雰囲気を作るのです。

 

そういった雑談の場は、

新人だけでなく、他の社員にとっても心理的安全性の低下を防ぎ、

ギスギスした雰囲気になることを防ぐこともできます。

雑談の場を意識的に作る必要があるのです。

 

これからは、

コミュニケーションを意識的にデザインする力が、

企業に求められていると言ってもいいでしょう。

GoogleやYahooは、そうした取り組みのさきがけになっています。

「コミュニケーションの質」に

しっかりと投資できる会社が競争力を高めているのです。